活動ブログ

2019.09.03

「集中力がつく!」幼児におすすめの遊びとは

 小さなお子さんをお持ちのお母さんの中には「遊んでいてもすぐ他のおもちゃに目移りしちゃう」「絵本が最後まで読めない」など、子供の集中力を気にしておられる方も多いのではないでしょうか?
【集中力はどれくらい持つ?】
そもそも幼児の場合、集中力の持続時間は「年齢+1分」くらいだと言われています。
小学校低学年頃には「15分」ぐらいまで集中できるようになります。
子供の集中力は短くて当然なのです。
【木のおもちゃは子供の集中力を高める】
子供が集中して楽しめる遊びの一つは「積み木」などの木のおもちゃです。
木は、熱伝導率が極端に低いため、子供の体温を奪わず人肌に近い温もりを維持します。
そのため、子供は長く集中して遊べるのです。また木のおもちゃやシンプルな形が多く、自分で空想しながら遊ぶことが出来るので、子供の想像力を豊かにしてくれます。
【集中力のトレーニングに絵本の読み聞かせ】
絵本の読み聞かせは子供の集中力を高めるトレーニングになります。
最初は、数ページ読んで飽きてしまったり、1ページ読み終わる前に次々ページをめくろうとしたり、一冊読み切るのも難しいと思いますが、続けていくうちに少しずつ集中して読めるようになってきます。
絵本の読み聞かせは赤ちゃんから出来るので、普段の遊びに取り入れてみて下さい。
子供の集中力が短いのは当たり前。そのことを念頭に置いて、焦らずじっくり子供と向き合っていきましょう。親子のコミュニケーションを楽しみながら、子供の集中力を少しずつ高めていけると良いですね。
あとはセノッピーに期待しています♪

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

Copyright (C) makisasa.cloud-line.com All Rights Reserved.